基本的な飲み方

woman holding tonic capsule with two fingers

細菌が原因となる病気を治すときにいちばん大事なのは、細菌を1匹残らずしっかりと全滅させること。1匹でも生き残ってしまうと、病気は充分に治りません。というわけで、クラミジアを治すときも全滅させることができるよう、決められた量のクラビットをしっかり服用していきましょう。
服用期間は大体1週間。毎日欠かさずに飲み続けることで、クラビットに含まれる有効成分のレボフロキサシンが間断なくクラミジア菌に対する攻撃を加えることができ、全滅させることができます。
1日に飲む量は、基本的にはレボフロキサシン500mg。
通販で購入できる治療薬としては、より安く購入できるクラビットのジェネリック医薬品が人気商品となっていますが、ジェネリック医薬品の中にはレボフロキサシンの内容量に合わせて種類が分かれているものがあります。「250mg」「500mg」そして「750mg」という3種類です。
このうち、「500mg」を選んだ場合には1日1錠を1週間続けることで、治療を行うことができます。「250mg」の場合は、1日2錠の服用をすることになります。
レボフロキサシン500mgが日々、体内に入ってクラミジア菌に対して仮借のない攻撃を仕掛けます。菌は最初の2、3日は抵抗しますが、日々新しいレボフロキサシンが500mg入ってくるので、ついには劣勢となり、1週間が過ぎるころには全滅している、という感じになっているのです。
欠かすことなく飲み続け、菌を圧倒する必要があります。飲み忘れがないようにしましょう。